信州自遊塾 > 信州自遊塾NEWS > 講座と活動情報 > 【開催日再決定】10周年記念(第39回)講座第1弾「SDGsってなぁに? -これからのライフスタイルを考える-」

講座と活動情報の記事

【開催日再決定】10周年記念(第39回)講座第1弾「SDGsってなぁに? -これからのライフスタイルを考える-」

2022.04.06 | カテゴリー:講座と活動情報

2022.5.17 オンライン配信(Zoom)参加のリンクを追記しました。

コロナ感染対策で延期になっていた以下の講座「SDGsってなぁに? ーこれからのライフスタイルを考えるー」を5月21日に開催することが決まりました。会場がMウィングから勤労福祉センターに変更されておりますのでお気をつけください。
なお、10周年記念講座第2弾は「長野県のエネルギー」について、9/3(土) Mウイングでの開催で準備中です。

信州自遊塾は、2011年に起こった東日本大震災、原発事故を契機に「これからの人間の生き方を考えよう」と発足しました。科学技術の進歩に支えられて発展した文明は、人間社会に格差を生み出し、地球規模の気候変動は自然界に脅威を与えています。
今回の10周年記念講座は、世界中で取り組みが始まっているSDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、「本当の豊かさとは何か」を原点に戻って考える企画です。
便利さや経済的豊かさだけが幸せな生活なのかを、いっしょに考えてみませんか?

第1部「SDGsってなぁに?」

ノンフィクションライター・環境ジャーナリスト・『日本のSDGs それってほんとにサステナブル?』(大月書店)著者 高橋 真樹さんのお話

第2部 「自分流の豊かな暮らし選んで」

松本の書店兼喫茶・宿「栞日」などを営む菊地徹さん・安曇野で子育てしながら農家を営む東加奈子さんの2人の移住者の実践談と、高橋さんを交えたディスカッション・質疑応答

■登壇者


■日時:2022年5/21(土) 13:30~16:00

■会場:松本市勤労者福祉センター大会議室(イオンモール南隣)

■オンライン配信(Zoom)参加の方は、こちら(ミーティングID: 823 5233 3955 パスコード: 417877) でご入場頂けます。事前お申し込み頂いていない方も参加いただけます。
※Zoomは、アプリまたはブラウザでユーザ登録無くても参加できます。使い方はこのページ等をご覧下さい。ご質問は今回は会場参加の方のみで、オンライン参加は無料のため受け付けしません。
※当日のネット接続の状況により、画面や音声が途中途切れる可能性があります。

■定員:会場150名/オンライン100名

■参加費:500円(信州自遊塾会員・大学生以下・オンライン配信の参加は無料)

■主催:信州自遊塾

■後援:NAGANO SDGs PROJECT・松本市・安曇野市・塩尻市・信濃毎日新聞社・市民タイムス・(一社)長野県環境保全協会

画像をクリックしてチラシ(PDF 2ページ 1.5MB)をご覧の上、こぞってご参加下さい。

参加事前申し込みは講座の申込みページまたは電話は090-4911-8209(自遊塾事務局担当 松本)にお願いします。(当日参加も歓迎)


このページのトップへ